たくやチャレンジ日記

たくやがいろいろチャレンジすることを残す日記

Vibram FiveFingers で 11km 走ってみた

みなさん Vibram FiveFingers をご存じだろうか。

Vibram Five Fingers / Barefootinc

BORN TO RUN で紹介された Vibram FiveFingers

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"

上記の本で紹介されてから、爆発的に売れた Vibram FiveFingers(僕は読んでませんけど・・・)

いわゆる「ベアフット(裸足)ランニング」を実践できるランニングシューズ。履いてみると分かるけど、ソールがめちゃくちゃ薄い! 裸足に近い感覚で走ることができる。

Vibram FiveFingers の制作意図は公式サイトのコンセプトにも書かれている。一部を引用する。

私たち人類は、誕生から現在まで、ほとんどの時間を裸足で過ごしてきました。靴が発明されたのは、ほんの“最近”のこと。今も私たちは裸足で生まれてきます。つまり、人類にとっては「裸足」が最も“自然”なのです。

つまり、裸足で走ることが自然であり、機能的なシューズは不自然で過保護であると主張している。

裸足(に近い形)で走ることによって、かかと着地ではなく、前足部で着地するようになり衝撃が吸収される。実際に履いて走ると分かるけど、かかとで着地ですると本当に衝撃がすごい。脳天まで来る感覚がある。 だから、無意識にかかと着地ではなくなる。その結果ふくらはぎにものすごい負担がかかって良いトレーニングになる・・・笑

僕は週2程度の頻度で会社から家までの 約11km を走って帰ってるけど、昨日初めて Vibram FiveFingers を履いて走ってみた。先に述べたように走り方が少し変わるのでいつもよりペースが遅くなったけど、確実に今までとは違う感覚を得ることができた。 しばらく履いて走ってみてまた感想を書きたいと思う。

期間限定でポップアップショップがオープン

タイミングが良いことに 6/29 から期間限定でポップアップショップがオープンするみたいなので、興味があるひとは行ってみるといいかもしれない。

【東京】5日間限定! 2017.6.29~7.3 VFF & FUROSHIKI ポップアップショップ! | Vibram Five Fingers / Barefootinc

色々種類があって、僕が買ったのは V-Train というシリーズ。ゴールドジムとランニングで両方で使えるのでこれにした。ランニングだけだったら V-Run でも良いかもしれない。 先のポップアップショップで試せると思うからフィットするものを履いてみていただきたい。

www.barefootinc.jp

Enjoy your running!!

ゴールドジムに通い始めた

先週末からゴールドジムに通い始めた。

もともと地元のティップネスに通ってたんだけど、色々検討した結果ゴールドジムに通うことにした。

www.goldsgym.jp

トレーニング器具の少なさに不満

僕が通ってた下北沢のティップネスは、プールがなかったりと施設の数が少ない分、月額料金が少し安かった。

最初はそれで十分満足してたけど、利用者が増えてきてやりたい器具でトレーニングができないことが増えてきて、それが不満になってきた。

遅めの時間帯ならまだ空いてるから、22時から通うことで多少不満は解決した。

筋トレする時間帯の不満

だけど、22時から筋トレすると終わるのが23時くらいになってしまう。そうなると身体が目覚めてしまってなかなか寝付けないことが増えてきた。

始業前に筋トレできたら、さほど混んでないだろうし、身体にスイッチが入って一日が元気に過ごせるのではないかと思ってそういうジムを探すことにした。

ゴールドジムとの出会い

前にアメトーークゴールドジム芸人を見て、ボディビルダーとか本気でスポーツやってるひとしかいないもんだと思ってた。

高校の友達がゴールドジムに通っていることを知って、彼の紹介という形でゴールドジムを体験してみたらめっちゃ良かった!

ティップネスで鍛えてたけど今まで起きたことないくらいの筋肉痛になるし、普通のサラリーマンや主婦っぽい人もトレーニングしてて僕もやっていいんだ!って感じて、すぐ入会する気持ちになった!

会社の福利厚生を使って少し安く年会会員になれるからそれを使って、ゴールドジムに通い始めた!

これからどんどんマッスルになっていくぜ~

ちゃんとやったほうが、おもしろくなる

私はほぼ日手帳を使っていて、毎日その日に思ったこと・やったことを書くようにしています。

ほぼ日手帳は1日1ページの手帳で、ページの下に「日々の言葉」が掲載されています。

今日(2017/06/15)の日々の言葉にはっとさせられました。

ちゃんとやったほうが、おもしろくなる。
ちゃんとやらないと、おもしろくならない。
これは、人がなにかするときの「法則」みたいなものだ。
トランプのババヌキくらいのゲームでも、
ちゃんとやらないとおもしろくないだろう。

適当に何かやってても面白くない。やはり本気で考えて、本気で悩んで、本気で取り組んだことのほうが断然面白い。それは自分の実感としてあります。何事もくだらないと思って手を抜かずに、ちゃんとやってみるとだんだん面白くなってくるかもしれないですね。

これは毎朝声に出して読みたい日本語。

「ちゃんとやったほうが、おもしろくなる」

「おとう飯」キャンペーン

www.asahi.com

2011年の総務省調査によると、6歳未満の子どもがいる家庭で夫が家事や育児などにあてる時間は1日あたり平均67分で、妻の約7分の1。政府は20年までに150分に伸ばすことを目標に掲げている。

昨日こんなニュースを見ました。 専業主婦、共働きとか区別しないと、専業主婦を含めたら絶対夫の割合が減るのは当たり前じゃないかな? それにこんなこと政府が主導してやるようなことでもなんでもなくて、家庭内でバランスが良ければいいんじゃないかなと思います。 夫が忙しい時は妻がやればいいし、妻が忙しい時は夫がやればいいし。

掲げた目標に対して、この試作は微妙にずれてる気がするのは僕だけでしょうか。

僕はまだ結婚もしてないし子供もいないけど、子育ては絶対したいと思ってます。だって、自分の子供だし、接してあげたいじゃないですか。イクメンとかくだらない単語を使うから、ちょっと家事・子育てをやって「俺イクメン(ドヤア 」って言っちゃうんだと思う。

あと、すごい久しぶりにイシバシハザマを見ましたね笑

確かに免許証を持たないでいいかもしれない

togetter.com

ちょと話題になってたことに触れてみます。

私は普段財布に免許証を入れているけど、この人の意見を聞いて「免許証を持たなくてもいいかもしれない」とは思いました。

「お金に何も関係ない」から抵抗があるってことはないけど、自分の車を持ってないので普段運転しないし、年齢確認されることも普段ないですね。 たまに何かを契約するときに免許証が必要になるけど、そういうときは突発的に起きることはなくて事前に分かるので、普段は家に置いておいても良いかもしれないと思いました。財布ごとなくした時にリスクはヘッジできるかなと。

そう思ったけど実際実行するかは別として、自分の中で当たり前になってることの違う意見を聞くことで改めて考えさせられる面白いきっかけでした。

蛇足

あと、この人も言ってるけど、自分とは異なる意見の時に食いついてくる(しかも攻撃的に)人ってなんなんでしょうね。

Wunderlist がなくなくなるので代替を検討中

gigazine.net

少し前の記事だが、Wunderlist が Microsoft に買収されて撤退することになってしまいました。

そのまま To-Do を使えばいいじゃんってなりそうだが、Microsoft のサービスにあまり良い印象がないので、代替アプリを検討しています。

Google Keep というサービスを見つけたのでとりあえず使ってみることにします。

「海街diary」を観た

あらすじ

umimachi.gaga.ne.jp

鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。こうして鎌倉での生活がスタートするが……。

Yahoo!映画より

感想

まず長澤まさみのおっぱいから始まる映画。この時点で私はグッと引き込まれました。

しっかりしつつも意地っ張りな長女、酒好きで男に失敗し続ける次女、自分の道を進み幼少時代漏らしまくった三女。そしてそこに、幼さもありつつしっ かりした四女が加わります。全員それぞれ役者さんが合っててとても安心して見れました。 広瀬すずにあどけなさがまだあります!2014年に撮影した映画なので3年しか経ってないですが、女の子の成長は著しいですね…

それぞれの苦悩を丁寧に描いていて、共感できる人も多い映画なのではないでしょうか。幸と佳乃の姉妹喧嘩とか、頻繁に喧嘩するけど実は信頼しあってるところとか。

情景も綺麗で、鎌倉の自然やしらすなど名物も出てきて、鎌倉に行きたくなる映画。

あと、レキシが急に出てきて笑いましたw